トップ –> こだわり –> 「蒸し」に徹底的なこだわり

「蒸し」に徹底的なこだわり

「蒸し」に徹底的なこだわり

製茶の工程では「蒸し」に徹底的にこだわっています。

「蒸し」とは、茶葉の発酵を止める工程です。
時間にすればわずか数十秒の工程ですが、この加減によってお茶の色、香り、味が大きく左右されるので、製茶においては「蒸しが命」と言われるほど重要な工程です。

その日の気温、湿度、そして何よりも原料茶葉の品質、成長具合によってベストの「蒸し加減」があるので、常に蒸し機の調整を行わなければなりません。

現在では機械のマイコン制御機能があるのですが、
やまがた園ではあえて、細かな調整ができ、蒸しにこだわることができ自分ですべて調節する手動式を導入しております。
それは、気を抜けば失敗することもあるので、まさに真剣勝負です。


ページのトップへ