記事一覧

ankopiクリスマスプレゼントのオススメ

1 - スクエア型腕時計18Kイエローゴールド、Ref.10242 1917年
1910年代に起こった伝統的なラウンド型の懐中時計との決別は、スクエア(正方形)やレクタングラー(長方形)型の腕時計によく表われていました。この新しい幾何学デザインは、偶然生じたわけではありません。時計として革新的なこの形は、産業や芸術、建築の分野ですでに用いられていたからです。1917年に製作されたこのモデルは、18Kイエローゴールドのスクエア型ケースにオープンワークのシルバーダイヤルを配し、幾何学デザインのトレンドが見事に反映されています。

2 - ポインテッド・ロザンジュ型腕時計18Kイエローゴールド、Ref.11144 1919年
ヴァシュロン・コンスタンタンは、1910年代はじめに「ポインテッド・ロザンジュ(尖ったひし形)」で知られるこの洗練されたフォルムを製作しました。その大胆で独創的なデザインは、18Kイエローゴールドのケースが、ケースのラインに向かって長く伸びるブラックエナメルのアラビア数字で飾り、細かなグレイン仕上げを施したシルバートーンのダイヤルを囲むこの1919年のモデルによく表われています。また、18Kイエローゴールドのしなやかなブレスレットによって本物のジュエリーのように腕のカーブを包みます。

HOME > BLOG > ヴァシュロン・コンスタンタンが「クラシック ウィズ ア トゥイスト(Classic with a Twist)」展を開催~20世紀初頭に発揮した独創性と大胆さを称える展覧会、9月7日より
ヴァシュロン・コンスタンタンが「クラシック ウィズ ア トゥイスト(Classic with a Twist)」展を開催~20世紀初頭に発揮した独創性と大胆さを称える展覧会、9月7日より
2021年8月23日 By : KITAMURA(a-ls)
コメントを投稿する

本年末に銀座に新たな旗艦ブティックのオープンを告知(https://watch-media-online.com/news/4594/)、さらには3世紀に近いブランドの偉大なアーカイヴや歴史を展示するイベントを全国ブティックで次々開催するなど、今、ヴァシュロン・コンスタンタンが熱い。最近でも、
2021年7月5日~8月23日:ヴァシュロン・コンスタンタンとスポーツウォッチをテーマとする展覧会
2021年8月19日~10月6日:ヘリテージ コレクションからの女性用モデルを展示する ヘリテージ・レディース展
などの展示会がとても精力的に行われている。

こうしたアーカイヴ・モデルを見られる機会は非常に稀だし、ましてや、スイスに行かずとも拝見できるのはとても喜ばしくかつ勉強にもなるのだが、このたびまたもうひとつの新たな展示イベントがヴァシュロン・コンスタンタンから発表された!!

「クラシック ウィズ ア トゥイスト(Classic with a Twist)」/20世紀初頭にヴァシュロン・コンスタンタンが発揮した独創性と大胆さを称える展覧会が、2021年9月7日(火) ~10月11日 (月)の期間、ヴァシュロン・コンスタンタン 銀座ブティックで開催


早速、発表資料を引用してその内容と展示予定ピースをみていこう。

【主題】
◆ヴァシュロン・コンスタンタンは今年、時計収集家の間で人気を博すアイコンウォッチ「アメリカン 1921 」の100周年を祝います。
◆展覧会「クラシック ウィズ ア トゥイスト (Classic with a Twist)」は、伝統と型破りが絶妙な調和を成すように技術とスタイルを凝らした精神を称えます。


「アメリカン 1921」の100周年を機に、ヴァシュロン・コンスタンタンが20世紀初頭に発揮した自由闊達な創作を称える展覧会「クラシック ウィズ ア トゥイスト (Classic with a Twist)」が2021年9月7日(火) ~10月11日 (月) ヴァシュロン・コンスタンタン 銀座ブティックにて開催されます。

1910年代から1930年代のヴァシュロン・コンスタンタンは、並外れた芸術的創作に熱心に取り組んだことで有名でした。この展覧会で披露される多種多様な「フォルム」と呼ばれるケース(非ラウンド型ケース)や特殊な表示には、ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史における刺激的な一時代が映し出されています。


●クッション型腕時計18Kイエローゴールド、11時と12時の間にリュウズ(Ref.12131 1919年)

「Classic with a Twist = 伝統的でありながら遊び心がある」は、なによりまず自由の物語、それは、さまざまな形状やデザイン、幾何学図形を大胆に用いた狂騒の20年代やアールデコ運動の流れの中で生まれた唯一無二のスタイルの物語です。たとえば、型破りな形状、厳格な正方形、驚くようなひし形、優雅なクッション型、さらにはいくつかの特殊な表示やオフセンターの表示などです。展覧会「クラシック ウィズア トゥイスト (Classic with a Twist)」は、大胆な運動を作り出し、伝統に逆らい、あらゆるデザインに道を開くことに貢献した活気あふれる1910年代から1930年代の終わりにヴァシュロン・コンスタンタンが創作に発揮した旺盛なエネルギーを証明しています。

19世紀の終わりまで女性だけが着けるアクセサリーと考えられた腕時計は、20世に入ると腕に着けた時計で時刻がわかる機能性や快適さが理解され、男性をも魅了するようになりました。常にパイオニア精神を発揮するヴァシュロン・コンスタンタンは、腕に着けて使うスタイルの将来性を見抜き、早い時期から注意を向け、1889年にはバングルタイプの女性用ブレスレットウォッチを創作しました。これは、メゾンの歴史遺産の中で時期を知ることができるおそらく最も古い腕時計です。

ヴァシュロン・コンスタンタンでは、ムーブメントの小型化の目覚ましい進歩によって驚くほど多種多様な前衛的デザインが可能になり、それらを通じて独創的な表現の領域を自由に広げました。すなわちトノー(樽型)、ロザンジュ(ひし形)、レクタングル(長方形)、クッション、オーバル、横から見て湾曲したケースなどです。展示に選ばれた時計を通じて「Classic with a Twist」は、私たちが現在知るあらゆるアイコニックなケース形状が1910年代から20年代に創作されたことを思い起こさせます。


時代のエッセンス
展覧会「クラシック ウィズ ア トゥイスト (Classic with a Twist)」で披露される豊かなデザイン表現は、当時の時代精神や顧客をとらえたヴァシュロン・コンスタンタンの能力を語っています。この展覧会は、時計製作はもとより、20世紀初頭に生じたライフスタイルと社会の変化、衣服における好みや流行の進展を映し出しています。それが語るのは、狂騒の20年代、新たに見出された自由と軽快さ、沸き立つ芸術、豊かな暮らし、活気あふれる文化の世界などに彩られた物語です。


●湾曲したトノー型腕時計18Kイエローゴールド(Ref.10357 1922年)

さらにまた、アールデコ運動の勃興と、建築や芸術の分野のみならず時計産業にも生じた幾何学デザインの魅力をたどります。そしてこの展覧会で思いおこさせるのは、ヴァシ ュロン・コンスタンタンが1832年の進出以来強い絆を築いてきたヨーロッパとアメリカ合衆国の市場に行き渡った新しい精神です。

ヴァシュロン・コンスタンタンがクッション型を初めて腕時計に採用したメゾンの一つだった背景には、まさにこの時代の幸福感がありました。1919年から1921年にメゾンはアメリカ市場専用を意図したいくつかの時計を製造しました。クッション型ケース、斜めに傾いた型破りの表示、オフセットのリュウズから成るアバンギャルドなデザインが特徴的なこの珍しい腕時計は、特に時計収集家の間で人気を博し、今年はその100周年を祝います。今回の展覧会「クラシック ウィズ ア トゥイスト (Classic with a Twist)」で展示されるオリジナルモデルは、メゾンが創設以来、絶えず証明してきた創作エネルギーの最も印象的な例の一つです。


アメリカの伝説
この伝説の腕時計は、1920年代の自動車で典型的な大型ステアリングホイールを握ったまま、時刻を斜めのダイヤルで読み取れることがおそらくダンディなドライバーたちを魅了し、さらには当時の進歩的な人物たちからも絶賛されました。その一人である牧師のサミュエル パークス キャッドマンは、聖職者で新聞作家であり、人種差別や反ユダヤ主義と闘ったことで知られ、ラジオ放送を利用して何百万もの聴衆に初めて説教を行った一人でした。モントルーで休暇を過ごした際に、彼は当時作られたこの腕時計を2本手に入れました。夜光の数字を配したものと、ブラックエナメルによるアラビア数字を配したものです。展覧会「クラシックウィズ ア トゥイスト (Classic with a Twist)」で展示されるそのオリジナルモデルは、メゾン創設以来、とりわけ20世紀初頭に発揮した創作エネルギーの最も印象的な代表作になっています。

時計の詳細
1 - スクエア型腕時計18Kイエローゴールド、Ref.10242 1917年
1910年代に起こった伝統的なラウンド型の懐中時計との決別は、スクエア(正方形)やレクタングラー(長方形)型の腕時計によく表われていました。この新しい幾何学デザインは、偶然生じたわけではありません。時計として革新的なこの形は、産業や芸術、建築の分野ですでに用いられていたからです。1917年に製作されたこのモデルは、18Kイエローゴールドのスクエア型ケースにオープンワークのシルバーダイヤルを配し、幾何学デザインのトレンドが見事に反映されています。

2 - ポインテッド・ロザンジュ型腕時計18Kイエローゴールド、Ref.11144 1919年
ヴァシュロン・コンスタンタンは、1910年代はじめに「ポインテッド・ロザンジュ(尖ったひし形)」で知られるこの洗練されたフォルムを製作しました。その大胆で独創的なデザインは、18Kイエローゴールドのケースが、ケースのラインに向かって長く伸びるブラックエナメルのアラビア数字で飾り、細かなグレイン仕上げを施したシルバートーンのダイヤルを囲むこの1919年のモデルによく表われています。また、18Kイエローゴールドのしなやかなブレスレットによって本物のジュエリーのように腕のカーブを包みます。

3 - クッション型腕時計18Kイエローゴールド、Ref.11507 1919年
パイオニア精神を忠実に守るヴァシュロン・コンスタンタンは、腕への装着に適したケース形状をたくさん考案し、伝統的な慣習の打破に大胆に挑んだ最初のウォッチメゾンの一つでした。例えば、ヴァランセ侯爵、あるいはサガン公やシャルル=モーリス・ド・タレーラン・ペリゴール公の甥の息子として知られる人物が所有した時計のように、クッション型が1919年という早い時期に姿を現します。この慈善家で審美眼の持ち主たちは、当時のヴァシュロン・コンスタンタンの忠実な顧客の一人でした。

4 - クッション型腕時計18Kイエローゴールド、11時と12時の間にリュウズ、Ref.12131 1919年
ヴァシュロン・コンスタンタンは、1919年から1921年にかけて大胆なオフセットのリュウズが備わる6個のクッション型腕時計を2シリーズ製作しました。1919年の18Kイエローゴールドのモデルは、径11リーニュのRAニュー・アメリカン・キャリバーが搭載され、リュウズはダイヤルの12時に合わせてケースの右側に置かれています。マニュファクチュールが今年100周年を祝う「ヒストリーク・アメリカン 1921」と異なり、この歴史的モデルのダイヤルはオフセンターではありません。スモールセコンドはもともとの位置の7時から8時の間に置かれ、リュウズと対角線を成しています。

【関連記事】:http://tanikou.top

コメント一覧

人気のエディターズバッグ URL 2021年11月04日(木)16時46分 編集・削除

人気のエディターズバッグを始めニコール愛用のサングラス等、数々のヒットアイテムが生まれている。

Ankopi Brand URL 2021年11月06日(土)11時27分 編集・削除

毎日見て良かったと思えるコンテンツをお届けしますので、ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

レザーパーカ URL 2021年11月06日(土)15時40分 編集・削除

まず気をつけたいのがレザーパーカの選び方。ボディに使用されているレザーは、薄手かつキメの細かいソフトタッチのものがマスト。しなやかで軽量のレザーであればこそ、ちょい脱力したイマドキの雰囲気が演出できる …

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー