記事一覧

TUDORは、なぜファッションのプロからも支持を集めるのか?


ディストリクト ユナイテッドアローズの吉原隆さん(55歳・写真右)と、ファッションデザイナーの尾崎雄飛さん(39歳・写真左)。ファッションに精通する2人は、世代が違うにも関わらず10年以上前から同じ腕時計ブランドに注目する。

それが、今年10月末に日本デビューを果たしたばかりの「チューダー」だ。彼らはなぜ、チューダーに惹かれるのか。ファッション面、そしてデザイン面から、チューダーの魅力について熱く語り合った。

ファッションのプロが語る腕時計の原体験
尾崎 吉原さんが今日されているチューダー、格好いいですね! ケースの大きさもちょうどいい感じで。いつ頃購入されたものなんですか?



この日、吉原さんが着けていたのは1970年代に発売されたチューダー「クロノタイム」。“タテ3ツ目”が特徴的な自動巻き。
吉原 1987年頃かな。実はこれ、僕が手にした最初のチューダーで。当時、時計好きの同僚が愛用していたんですが、あるとき手放すと言い出して。正直自分もそんなにお金を持っていたわけじゃないんだけど、買い値が12万5000円と聞いたから「今、7万円なら持っている。それでよかったら譲ってくれない?」って持ちかけたんです。

尾崎 7万円で買ったんですか!? それはめちゃくちゃいい買い物ですね。

吉原 そうなんですよ。当時はこればっかりしてました。よくスーツに合わせていましたね。

尾崎 時計はそれからも継続的に買っていたんですか?

吉原 当時の職場にあらゆるものに造詣が深く、時計もずらりとお持ちの大先輩がいらっしゃったんです。かなり影響を受けましたね。その人がポルシェデザインの時計を何本も持っていて、そのうちのひとつがIWCの「ワールドタイム」。ポルシェデザインが欲しかったというのもあるけれど、そもそもIWCでいちばん安かったのが当時ポルシェデザインだった。で、そのときも大先輩から20万円で譲ってもらいました。

尾崎 なんと! 僕が20歳のときに初めて買った時計もIWCの「ワールドタイム」です!

吉原 へえ、本当に?

尾崎 まだファッションの世界に入る前で、これからショップのバイヤーになろうかという時期で。今後仕事をしていくうえで、海外と日本との2カ国の時間を表示できるというのは実用的でもあるし、「頑張るぞ!」という気持ちを込めて買ったんです。

吉原 いい時計なんですよ。今も持っているんですけど、残念ながらちょっと壊れちゃっているんですよね。で、僕のほうも験担ぎじゃないけど、その大先輩からワールドタイムを買ったあたりから、“時計運”がこっちに向いてきたような気がするんですよね。

【関連記事】:プロのファッションニュース情報センター