記事一覧

高級時計は「薄型の3針ドレスウォッチ」なら、腕にするだけで知的に見える!?

手腕、手練、上手、敏腕など、賞賛の意を込めた手や腕に関する成句は多い。手は体の重要な一部であり、手元の主張は時に言葉以上の説得力をもつ。ゆえに自らのキャラクターを表すメッセージとしての意思ある時計選びが重要となるのだ。

アンダー10mm厚メイン
薄学、薄遇、軽薄など、「薄」のつく漢字は何かと悪いイメージに使われがちである。しかしこれが腕時計だと、話は別。薄いことが、美徳となる。レディースギフトガイド薄いケースは、エレガントな印象を高めるからだ。

機構がシンプルな薄型時計は、ビジネスシーンにおける王道。厚さ10mmを切った薄いケースは、タイトに絞ったシャツの袖口のドレス感を損なわずに収まり、手元の所作を美しく見せてくれる。そして物静かで知的な雰囲気を醸し出す。ムーブメントも当然薄く、組み立てには慎重さが求められる。

また同軸に取り付けられる各針の隙間もギリギリまで狭めねばならず、丁寧な作業が必須。結果、上質さを高める薄型時計は、モノの本質を知る大人にこそふさわしい。

【関連記事】:人生最後に買いたい 上がりの腕時計